Feb 19, 2017 Mon: entrance gate for Samurai

The main gate of the old house, or Mon (門),  has been designed for welcoming higher ranked guests such as samurais and monks. The main gate leads directly to the room with Tokonoma, or Zashiki.

The family members or casual visitors should have been using other entrances to enter into the house.  Could be Doma, Engawa, or any openings to the house (the house has openings in every direction).

The main gate Mon carries a decorative roof with the ridge-end furnished with a tile ornament, designed to protect the house against evils. Among many types of Mon, ours  is called “Mune-Mon”, because the “Mon” carries a roof (Mune).

 

We are planning to build a wisteria trellis along the wall leading to the Mon.

 

Feb 13, 2017: Kamidana & Butsudan –for Gods and Ancestors

 

Most of the old Japanese houses have a room called Butsuma, which shows both Kamidana & Butsudan.

Kamidana is a small-scaled shrine to pray at home to gods of ShintoismKamidana has three gods in it: Amaterasu Omikami of Ise Great Shrine, the most venerated Shinto sanctuary, a local guardian god and a third god of your choice. Kamidana is located in the upper area of the room, facing south, or east.

 

Butsudan is a small-scaled temple to pray at home for Buddhism deities and for ancestors.

It has been quite common in Japan to have two altars side by side in the same room: Kamidana of Shintoism and Butsudan of Buddhism.  People believed in both religions.

In the room, we also have wooden sticks to hook lanterns on the wall. These lanterns, made by woods and paper, should have been used to brighten up the road of a wedding ceremony in old days.

During winter, we use Kotatsu to warm up our legs.

 

 

Feb 7, 2017 Room with Tokonoma or Samurai guest room

Most of traditional Japanese houses have a room called Tokonoma (床の間).   During feudal era, the owner of this house should have welcomed his upper class guests in this room with Tokonoma, which is the best room in his house. When the owner is a Samurai with lower rank, he is supposed to receive Samurai of higher rank in the room with Tokonoma.  When the owner is a wealthy farmer, he should also receive  Samurai guests in the room with Tokonoma, or alcove, is a corner located in the best place of a guest room (i.e. the most distant point from the entrance).  Generally, TTokonomaa is decorated with Kakejiku(掛け軸), a long vertical hanging scroll.

We have renovated the room with Tokonoma first, just after we bought this old house one year ago.

After repairing walls by ourselves, we asked a Hyogushi(表具師), a professional guy specialized in dealing with wall paper to furnish the walls with traditional wall paper, named Karakami(唐紙).  The guy put paper nicely on the walls with the same method as has been done more than 100 years ago.

After the work, the room with Tokonoma regained its original splendor of the old days.

 

Guests of higher class have had different entrance than that for the owner family.  The entrance for guest is called Shikidai(式台).

 

Old plum trees

My wife has bought this old house around one year ago. No one could tell how old it was.

It might have been built around the time of Meiji Restoration, latter half of the 19thcentury.  Meiji Restoration has brought an end to the feudalism and Shogunate system a 150 years from now. Some said the house is not that old, built only a 100 years ago…

Cleaning the house, my wife has discovered in the barn an old picture of this house in sepia color.

 

We can see a plum tree with white flowers blooming. Should be early spring. We can also see chickens running in the garden.

We don’t know how old this sepia color picture is. Early to mid -20th century?

Today, the same plum tree is blooming in the garden!

 

Not sure your heart is the same as before

Plum blossoms in my country perfumes sweetly all the same as in the years

gone by

(百人一首、the Hundred Poems by One Hundred Poets, No 35 by Ki no Tsurayuki, the 10th century)

Becoming old, number of flowers is less. But each flower remains the same.

 

The combination of red and white plum trees has always been a favorite motif of Japanese painters, such as:

Red and White plum blossoms” Ogata Korin 18c

Other than plum blossoms, we have several camellia trees blooming during January.

Camellia flowers appear in “La Dame aux camellias”, written by French author  Alexandre Dumas fils, in the 19th century.  Popular flowers in Japan, Camellia has been introduced to Europe in the 19th century.

 

 

 

 

Winter morning

 

Winter is cold in my country, sometimes down to below zero before dawn. Cold draft penetrates in the room from every gap of shojis (paper screen sliding doors), walls, pillars, tatamis, etc.

In old days, people were to choose a house for summer, or for winter. Summer is subtropical. Winter is below zero. A house cannot be built to be suitable for both.

Better to build house for Summer.

Tsurezuregusa (徒然草 or Essays in Idleness, 14th century)

As old houses are built for summer with high ceiling and draft piercing from outside, it is inevitably cold in winter.

 

Early morning, we are awakened by the light of dawn striking through Shoji. As it is so cold, we can’t fall asleep again. It’s also too cold to get out of warm futon. Our futon is still being warmed by Yutampo, a hot water bag in which we poured boiling water the night before.

My wife wakes up to switch on our old-fashioned oil stove.

 

During breakfast, trees and leaves in the garden are silhouetted in the shoji screen by the morning sunlight. The silhouette changes its shape as the sun rises. This is a good sign for another clear day!

The morning sunlight from window holes is shining here and there in the house. A tiny space with warmness, with different shapes.

Winter garden in Japan is mostly deserted with few exceptions.

Winter, loneliness grows in a mountain village,
Kept out of limelight, withered plants


(百人一首 or the Hundred Poems by One Hundred Poets, No 28. by Minamoto no Muneyuki, 10th century)

 Few exceptions in such a deserted winter garden are flowers, announcing forthcoming spring…

 

 

 

息子、太東海岸まで自転車で行く

妻の明子です。

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

年末は、息子と甥っ子といすみで一晩を過ごし、甥っ子を迎えがてら、義弟家族が遊びにきてくれました。

宮崎出身の義妹は庭仕事に詳しく、茅が生え放題の荒れた庭の手入れの仕方を教えてもらいました。

で、その手入れは。。。ひたすら掘り返して、土中の根っこを除去していくという地道な方法。秘策はなく、それをやるしかないみたいです(泣)。茅ぼうぼうのスペースがあまりに多い現状から言って、地道に掘り返し作戦では、茅を撲滅するころにはこちらの寿命が終わっちゃいそう。

あとは春になったら、除草剤ラウンドアップを手に付けて茅の葉をひたすら触りまくる!

息子は冬の海が見たくて、家から太東海岸まで自転車で出かけていきました。約16キロ、往復32キロ。家の前の所有者が残してくれたボロゴロのママチャリが役立ってます。

冬の海、きれい。

古民家再生。。。とブログを命名しましたが、今年は主に庭を整備する仕事に追われそうです。なにせ660坪もあるので!

雑草を抜き、土を整え、新しい植物を植える。地道な作業ですが、ターシャチューダーの庭を目指してがんばります!

 

 

 

 

土間の修繕完了 ー 古民家再生

去年の9月頃から土間の修繕に取りかかる。

まず、天井を松煙で塗り直す。刷毛から松煙が飛んで黒いシミが体中に。シャツが駄目になるので裸で作業。下に松煙がポタポタ。養生テープが貼られていない所に依りによって落ちる。

上から修繕するのが良い、と教訓を得たので次は壁作りに取りかかる。

img_1176田舎のヤブ蚊は10月頃まで活発に活動するので、夏と変わらず蚊取り線香を焚きながらの作業。漆喰を塗る前に土壁の修繕から。傷んだ箇所を取り除いて土を練って埋め込む。なかなか時間がかかる。マスキングテープをして、いよいよ漆喰塗り。

Before

Before

After

After

ゴーグルを付けずに漆喰を塗っていたため、コンタクトと眼の角質が傷だらけ。コンタクトを買い直したり、目医者に通ったり、想定外の被害。この事件以降、ゴーグル着用を徹底。懲りて漆喰の二度塗りも延期。

いよいよ、壁の下半分を塗る順番。11月に入りヤブ蚊もいなくなる。庭の手入れの時期に入って来たため、土間の仕上を急ぐ。大黒柱は良い色を出しているのでそのまま、それ以外の縦と横の柱の部分は松煙だけで漆黒に、柱の間の部分はベンガラを混ぜて赤みを少しだけ出す予定で塗る。写真ではわからないが、赤みの部分がほんのりと柔らかい色彩を放つ。反省点は、松煙の塗料は厚く塗り過ぎると下に垂れてきてしまう、とかベンガラと松煙は巧く混ざらないとか、多々あり。

img_0077

img_0078

12月に入り完成!

私たちも戦場だった——いすみ地域の戦争遺跡見学

妻の明子です。

 

この本は、私がかつて読んだ本の中でベスト10に入る本です。

 

太平洋戦争も終盤。日本軍の劣勢が顕著になった昭和20年。米軍の本土上陸を阻止するための最後の激戦地、硫黄島をめぐる物語。栗林中将の穏やかで平和的な人柄と、硫黄島の戦いの壮絶さのコントラストが鮮明で、何度読んでも感動します。

硫黄島の戦いでは日本軍は島全体に地下穴を掘りまくって要塞化します。そこに潜伏して上陸してきたアメリカ軍を迎え撃つのですが、次第に弾薬も食糧も尽きていきます。最期は指令系統もなくなり、一人一人がゲリラとなって「鬼神を哭かしむる」死闘を繰り広げた後、3月26日に陥落します。アメリカ軍の砲撃はすさまじく、硫黄島に生えていた植物は全て枯れ、島全体の地形が完全に変わってしまうほどだったといいます。日本軍20,933名のうち、なんと20,129名が死亡。。。。

%e7%a1%ab%e9%bb%84%e5%b3%b6%e3%81%ae%e6%88%a6%e3%81%84

硫黄島で栗林中将が死闘を繰り広げた大きな理由が「本土決戦を遅らせる」というものでした。

でも結局、米軍上陸前に日本は無条件降伏したので、本土決戦は実現しませんでした。

降伏していなければ、硫黄島のような戦いがいすみや東京で繰り広げられてもおかしくなかった。。。ということです。

今回のいすみ市主催歴史教室の戦争遺跡見学会は、そんなバーチャルリアリティを体感できる、実に見応えのあるプログラムでした。

沖縄や硫黄島が陥落するかなり前から、日本軍は連合軍の本土上陸作戦(コロネット作戦)に備え、首都圏防衛を目的に(米軍の上陸地点と想定された)海岸に基地や拠点を大急ぎで造っていました。

昭和18年くらいから、いたるところに格納庫や基地用の穴が掘られたり砲撃台が造られて、人知れず、千葉県全体がすっかり要塞化していたのです!米軍は九十九里浜から上陸して東金街道を通って首都東京に入るというシナリオがありましたから!

千葉県全体の要塞化。説明は今回の歴史教室の本吉正宏先生。

チーバくんの背中からお尻までが要塞化。ていねいにご説明くださった歴史教室の本吉正宏先生。

 

まずいすみ市の太東崎陣地跡を見学しました。太東湊に面した崖に掘られた横穴。中には相当広い通路が広がっていました。
img_1501   ゲリラ戦に向いた地形。。。。

img_1502 img_1504 img_1508

穴を通り抜けると忽然と、太東海岸から九十九里浜を遠望する茂みが!九十九里浜から上陸する連合軍を、日本軍はここから大砲を打って迎撃しようとしていたのでした。

img_1511

次に太東飛行場跡。昭和20年5月に完成したがあまり使われず、終戦までに着陸したのはたった3機だったとのこと。今はすっかり飛行場の面影はありません。

img_1517

次に、大原に移動し、大原新場の空襲跡を見学しました。住宅地の一角にある石碑に機銃弾の痕跡が残っていました。生々しい。。。。威嚇のための空襲だったんでしょうか。

img_1519

 

同じく大原で、回天(かいてん)小浜基地跡を見学しました。回天とは大型魚雷を改造して艦艇に特攻する人間魚雷のこと。戦争末期の1944年に開発され、小浜基地は圏内唯一の回天発信基地として設営されたそうです。ですが、6機あった配備予定の魚雷は輸送船が攻撃されて小浜に到着することはなく、結局、出動しないまま終戦を迎えたとのこと。大原が空襲に遭ったのは、こうした軍事拠点があることが米軍に知られていたからなのでしょうか。

 オバマ大統領と同名の小浜。

オバマ大統領と同名の小浜。

回天を一機分を格納するだけの大きさの穴。ゴミ捨て場みたいになっていて、ゴミ捨て禁止の札が。

回天を一機分を格納するだけの大きさの穴。今はゴミ捨て場みたいになっていて、ゴミ捨て禁止の札が。

次に見学隊のバスは南下、御宿市を通過して勝浦に入りました。勝浦では、鵜原(うばら)の震洋(しんよう)基地跡を見学しました。

回天が人間魚雷なら、震洋はモーターボートの特攻隊です。昭和20年5月に編成された第55震洋隊は総員224名。震洋艇は54隻。震洋は「人間兵器」といわれ、フィリピン、沖縄、本土の主に太平洋側に配備され、米軍の上陸に備えられました。出撃やその準備中などで全体で約2,500人が犠牲なったとのことですが、8月に終戦を迎えたことから、今回、私たちが見学した鵜原からの出撃は結局なかったようです。

震洋格納庫の入り口の一つ

震洋格納庫の入り口の一つ

鵜原海岸は実に風光明媚、アマルフィ海岸を彷彿とさせる。ここから震洋が出撃する予定だったか。。。

鵜原海岸は実に風光明媚、アマルフィ海岸を彷彿とさせる。ここから震洋特攻艇が出撃する予定だった。。。

鵜山は大正時代にセレブ向けの別荘地=理想郷の開発が進められた場所としても有名だそうです。

鵜山は大正時代にセレブ向けの別荘地=理想郷の開発が進められた場所としても有名。今度ハイキングしようと思います

 

広島、長崎の原爆投下を経た昭和20年8月15日の無条件降伏はあるいは遅過ぎたのかもしれません。でもギリギリで本土決戦が回避されたという意味では、これ以上遅くなくてつくづく良かったとも言えるでしょう。

本土決戦が行なわれていたら、きっと、いすみや勝浦の基地や格納庫は少しは役立ったでしょう。でも、これらが米軍の上陸を防げるほど盤石だったとはとても思えません。人間魚雷や特攻モーターボートはどれだけの効力を発揮できたのでしょうか。

数十万の米軍が上陸し、日本人が決死の思いで竹槍で応戦していれば、いすみも東京も焼け野原、私の父も母も死に絶え、そもそも私はこの世に生まれてなかった可能性が高い。。。。。。。
img_1544

先人が手仕事で開けた穴の壁のつるはしの跡を眺めながら、穴を掘った人たちの苦労や回天や震洋の紅顔の搭乗員の面影に思いを馳せました。

そして戦後71年目の冬晴れの一日、いすみでこうやって平和の中で歴史教室に参加dけいる幸せを感じました。

 

いすみ市の歴史教室は1月、2月も続きます。楽しみです。

古民家再生 昔の在りし日

家内が家の中を掃除をしていたら⬇️の写真が奥から出て来た。古民家と梅の木は今と同じ。手前にニワトリが放し飼い、板塀が左に見えるが、今はない。セピア色の写真なので、五十年以上は経ているのだろうか?この当時の姿に戻したい、というのが僕の気持ち。

img_0624

最近の同じ角度での写真は、

img_0067

建物が古いためなのか、庭が広く荒れているためなのか、隙間が多く外から虫が入りやすいためなのか、原因はわからないが、兎に角虫が多い。夏は巨大な蜘蛛⬇️が飛ぶ虫を求めて風呂場の当たりをうろつく。秋が深まり、さすがに飛び交う虫が減ってくると姿を見かけなくなった。初めて見た時はぞっとした蜘蛛だがいなくなると不思議と寂しいものだ。

img_1161

夏涼しく、冬暖かい、いすみの気候

妻の明子です。

早いものでもう11月も終わりです。

夏には真っ青だったカエルさん、だんだん冬っぽい色になってきました。でも、まだ冬眠していない。

img_1472

庭仕事をしていると、まだ蚊に刺されます。

お隣のモリさんは、庭仕事している私たちに、「シモヤマさん、蚊は夏じゃなくて秋が本番なんですよ。死ぬ前に子孫を残そうと必死になるんです」とおっしゃってました。たしかに9月は蚊が多かったけど、まさか11月になって、ストーブを焚きながら蚊対策が必要とは!

11月でもカエルや蚊が元気で、一面の紅葉。。。でもないのは、いすみが海洋性気候だからかもしれません。

東京でiPhoneで気温をチェックして分ったのですが、いすみは必ず1度か2度、東京より気温が高いのです。

img_1475

img_1476

つまり暖かい。

これが夏は逆でした。

夏はいすみの方が東京より必ず2度ほど低かったのです。

熱帯夜も少なかった。

つまり、いすみは「夏は涼しく冬は暖かい=気候が良い」ということになります。

東京から週末に通える田舎、ということで、いすみに家を買う前は、千葉に加え、埼玉や群馬方面も随分、物色しました。

山や綺麗な小川のある秩父や奥多摩にも随分、惹かれるものがありました。

狭い関東平野でそれほど気候に違いがあるとは考えず、決していすみの気候が気に入って選んだわけではありません。

そもそも、いすみが夏涼しく冬暖かいなんて知りませんでした。誰もそんな宣伝していませんし。

でも、だんだん年を取っていく中での暮らしやすさということを考えると、結果的に気候があまり厳しくないいすみを選んだことは悪くないように思います。

穏やかな気候のせいか、いすみは、気性も穏やかで、開放的な人が多い。

これから迎えるいすみの初めての冬。多分、今週末が初めて本格的に冬らしい週末になるでしょう。灯油を買って行かないと。